フルカラー印刷のオリジナルバインダー・ファイル制作なら

バインダー・ファイル工房もりもり

貼表紙バインダー/クリップボードの素材について

表側素材

紙

通常はコート紙を使用します。コート紙は平滑性が高いため印刷が綺麗に出るという特徴があります。サイズの選択肢が豊富で、小さなものから大きなものまで制作できる範囲に幅が出ます。また、流通量が多いため比較的安価でできるというメリットがあります。
コート紙より高値のアート紙を使う場合もあります。アート紙は、コート紙よりもさらに印刷が美しく、写真集の表紙や、カレンダーの表紙などで使われます。

合成皮革

合成皮革

紙よりも丈夫で高級感が出ますが、フルカラー印刷は出来ません。シルク箔押しから押し印刷での表現となります。

布

絹やベルベット、デニムや帆布など素材や織り方の違う生地によって価格も仕上がりも様々です。たいていの生地は貼れますが、あまりに分厚いものは折りこむことが出来ないため向いていません。

他に特殊な素材としては、本革なども使用出来ます。特別な一品として存在感のある仕上がりになりますが、天然素材のため、厳密には同じ商品が2つはできないことになります。コストが高く、制作に時間がかかるのが難点です。

バインダー中面(見返し)

色上質紙

見返しには上記の素材のほかに上質紙が使えます。上質紙は白無地で使用するほかに、印刷をかけたり、色上質紙を選ぶことも出来ます。

芯材

チップボール

チップボール

厚さ1.5mm~2.5mmの板紙を使用します。

用途・デザインに合わせて他の制作方法や素材もお選びいただけます

ビニール(PVC)

ビニール(PVC)

高級感のある手触りの良さが特徴です。表紙にポケットを付けたり、加工がしやすい材料ですが、全面にフルカラー印刷をすると価格が高くなる傾向にあり、デザイン的にはシンプルなものになりがちです。質感にこだわりたい場合には適しています。

お勧めの印刷
シルク箔押し、インクジェット

PP(ポリプロピレン)

PP(ポリプロピレン)のバインダー

耐水性があり、薄くても丈夫なのが特徴です。クリアファイルの材料として最も一般的な素材でもあり、フルカラーも綺麗に表現出来ますが、材料が厚くなるほど価格が高くなります。

お勧めの印刷
オフセットシルク箔押し

印刷の種類

オフセット印刷

オフセット印刷

オフセット印刷は、版から直接印刷するのではなく、ブランケットと呼ばれる媒介物を介して印刷する平版印刷です。
商業印刷の主流となっており、再現性が高く、細かい表現に適した印刷方法です。
一般的に4色のインク(シアンC・マゼンタM・イエローY・ブラックK)それぞれの版が重なり合ってフルカラーが表現されます。
短時間で大量に印刷できるという利点もあります。

シルク印刷

シルク印刷

メッシュ状の版の穴からインクを通して印刷する孔版印刷です。布、ガラス、プラスチック等、紙以外の素材にも用いられることが多い方法です。
隠ぺい性に優れ、インクを厚く盛ることで印刷にボリュームを出したりすることが出来ます。
反面、細かい文字や写真、グラデーション表現などには不向きな技法でもあります。

箔押し印刷

箔押し印刷

金や銀、カラーの箔を凸版で押し、圧力と熱で定着させる印刷です。光沢のある高級感あふれる仕上がりが特徴です。部分的に協調したいという場合に使用することが多いです。他の印刷方法と違い、特色を指定することが出来ないので、すでに存在している箔色の中から選ぶことになります。また、箔を使用せず凸版で押すだけで形をつけるカラ押しという方法もあります。

お気軽にご相談ください

お任せください!お客様のご要望にできる限りお応えします!!

バインダー・ファイル工房もりもりでは、専任の担当者がついて
お客様をサポートさせていただきます。
お客様の発想を具現化するために、とことん付き合います
こんなこと出来ますか?を是非お聞かせください。

法人・同人グッズ制作実績多数!!
まずは、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちら
もりもりスタッフブログ

リンクをいただく場合のバナー画像については、以下の素材をご利用ください。

こちらの貼り付け用のhtmlタグをコピーしてご利用ください。